コンパウンドの使い方

 

お疲れ様です。

 

 

今回の記事は

以前書いた記事と重複する

内容も有ると思いますが

磨きの基礎を知って貰いたくて

再度書きました。

 

 

 

 

 

磨きは

作業工程の最終段階。

 

 

特に問題となるのが

バフ目だと思います。

 

 

バフ目をどう消すか…など

考え方も含めて

解説しながら説明していきます。

 

 

 

今日は

仕上げ磨き担当しました。

f:id:rz250125:20210405151201j:image

f:id:rz250125:20210405202542j:image

 

 

以前の記事にも書きましたが

磨き仕上げも2工程で終わらせる。

 

 

コレを基本にしています。

 

 

色々な鈑金塗装工場で

働いてきましたが

上手く、ちゃんと出来る人は

2工程がほとんどでした。

 

 

 

言い方は悪いですが

ちゃんと出来ない人ほど

工程が多いイメージがあります…

 

バフ目を取らないで

誤魔化すのに時間をかける…

そんなイメージ…

 

 

 

バフ目を消せるのは

細目まで。

 

 

後の細かいコンパウンド

バフ目を埋める方向なのは間違いない。

 

 

多くの人が

バフ目を取らないウチに

極細目、超微粒子などで

埋めて納車してしまっています…

 

 

埋めてるだけなのでコンパウンドの油分などが

落ちてしまうとバフ目全開…

 

 

こうならない為には

バフ目を完全に取るしか

方法は無いです…

 

 

濃紺の車などは

自分も細かい極細目、超微粒子など使います。

でも使う意味が少し違って

グロスを上げて

バフ目をチェックする為に使っています。

 

 

バフ目が取れてるかの確認に

アルコールで拭くのも良いです。

または

微粒子などかけるとバフ目は

ますます分かりやすい…

 

 

バフ目を見つけたら

また細目に戻して完全に排除します。

 

 

 

極細目以降の細かいコンパウンド

バフ目を誤魔化して埋める物では無いと

言う事をちゃんと理解する事。

 

 

グロスを上げる物です。

 

 

白、シルバー、や明るい色は

極細目、超微粒子など使っても

グロスはほぼ上がらないと思います。

なので2工程で充分。

 

 

濃紺色はグロスは上がるので

極細目、超微粒子まで掛けます。

掛けますが、、

自分はホント適当…笑

逆にしっかり

バフ目が取れてるのであれば

適当で充分です。

 

 

今まで見てきた

多くの人は

バフ目をちゃんと取らないで

最後のダブルアクション等と超微粒子などだけ

凄い時間を掛けて磨く…

 

 

全く意味がない…

 

 

いや、とりあえずはバフ目は埋まるので

納車は出来るかも知れません…

 

 

でも、

特にディーラー等は

こちらが納めてから数日置いておく場合も

多々あります。

その時、

真夏だったら?

雨が降ったら?

と考えると

そんな磨きで大丈夫?って事です。

 

 

 

ちゃんとバフ目を消しても

真夏の炎天下に置いておけば

戻る可能性はあるのに

ちゃんとバフ目を取らないで

上から誤魔化した物は

持つわけがない…

 

 

磨く…

 

磨くと言う事は

柔らかい物に回転物を当てるわけですから

シングルで磨けば必ず傷は入ります。

 

シングルで入れた傷は

シングルでしか取れません。

 

そこも理解して欲しいポイントです。

 

シングルは

ウールで荒磨き、

ウレタンやスポンジで

ウールで付けた傷を取るイメージ。

 

コレが基本。

 

 

 

バフ目を取る為にルペスなどの

強いダブルアクションやギアを使う人もいます。

 

 

でもルペスなども

ちゃんとシングルの傷は取る事は出来ないです。

ただ

目の錯覚で取れてるように見せる事が出来ます。

 

深いシングルの傷の上から

形の違う傷を入れる事により

シングルの傷を目立たなくする。

 

そんな原理。

 

 

なので、やはり

時間が経てば

ちゃんとバフ目を捕った磨きより

もたない。。。

 

 

でも

値段、納期などであまり時間を掛けられない

仕事ならば良いとも思います。

 

 

 

今、ウチもそうですが

永久保証をやってる会社も沢山やります。

この前は10年前にやったクレームや

13年前にやったクレームも入りました…

 

 

そんな仕事をやる会社ならば

やはり

本来のちゃんとした磨きをやるべきだと

思います。

 

 

納めた時に

ちゃんとした商品なのは当たり前で

いかに良いコンディションを長い間保てるか…

それを考えると

磨きだけでなく…

全ての工程でやるべき事が

見えてくるはずです。

 

 

 

今、勤めている会社を守る事は

結局、自分の生活を守る事になります。

 

 

そう言う事も考えて仕事しましょう!

 

 

YouTubeチャンネル

https://youtube.com/channel/UCrWS5MMCPkGGAev_Z-Rfnmw

 

 

 

訪問ありがとうございました!